TECH COMPASS
山洋電気株式会社の製品・技術情報サイト
解決事例
電動式ベッドの快適性UPのためにムレ対策が課題に…

マットレスの通気性を向上した高静圧な“ブロア”とは!?

医療・介護用品メーカーR社(従業員数:約400名)

Problem
課題・問題

高齢化が進み,介護が身近な問題になってきています。施設や在宅介護などの現場では,治療やケアの安心・安全だけでなく,利用者にとってより高い快適性が求められるようになってきました。これにともない,各メーカーは機能性の高い製品の開発に注力しています。

電動式ベッドの快適性UPのため,ムレ対策として通気性の向上が課題に

医療・介護用品メーカーR社では,このたび利用者への快適性を向上する電動式ベッドの高機能化に取り組むことになりました。開発部のD氏は次のように語ります。

「電動式ベッドは,寝たきりの方が多く利用しています。長時間同じ体勢が続くと皮膚に圧迫,ムレなどが加わり続け,床ずれの原因になります。床ずれを防止するために,電動式ベッドには体位変換や体圧分散する機能があります。圧迫や摩擦は体圧分散機能で解決できますが,体圧分散すると体とマットレスの接触面が広がり余計にムレやすくなってしまうという課題がありました。」

新モデルの電動式ベッドでは,ムレを解消するため,風を送って内部の湿気を排出することを考えました。

エアコンプレッサでは設置スペース,ファンでは風量とサイズが課題に…

「最初に,エアコンプレッサを使用して換気することを検討しましたが,エアコンプレッサの場合ベッドの脇に設置する必要があります。スペースに余裕がある介護現場は多くないので,床に設置すると邪魔になってしまいます。
そこで,マットレスにファンを組み込むことを検討してみました。しかし,マットレス内部の密度が高くて風が抜けにくいためベッド全体に風が行き届く風量のファンを選んだところ,マットレスの高さより大きくなり,組み込むことができませんでした。」(D氏)

D氏は,現場の設置スペースを考慮し,マットレスにファンを取り組むことを検討しましたが,ファンの性能とサイズで新たな課題に直面しました。

課題
  • マットレスの湿気を逃がし,ムレを解消したい。
  • エアコンプレッサでは設置スペース,ファンでは組み込みスペースが課題に。
banner_dl_fan_selection_1000x270

Solution
解決策・効果

マットレスに組み込んだ高静圧なブロアで,ムレを軽減!

課題を解決すべく情報収集を続けていたD氏は,解決策を求めて訪れた展示会で,山洋電気のブースに立ち寄りこれらの課題を相談しました。後日,R社を訪れた山洋電気の営業担当者は課題を詳細にヒアリングしたうえで,ブロアが適していると提案しました。

「私たちが検討していたのは軸流ファンでした。軸流ファンは背面から空気を取り込んで正面に出す構造なので,ベッド全体に風が行き届く風量のファンだと,大きさがマットレスの高さを超えてしまいました。
しかし,今回山洋電気が提案してくれた『San Aceブロア』は,背面から空気を取り込んで横に吐き出すため,寝かせた状態で配置することができます。
また,『San Aceブロア』は静圧が高いため,内部の密度が高くて風が抜けにくいマットレスにも最適とのことでした。」(D氏)

R社はさっそく「San Aceブロア」の評価用サンプルを依頼し,試作品の評価を実施しました。
「実際に評価した結果,期待通りに風がマットレス全体に行き届き,ムレを軽減できることが確認できました。ムレ対策として最適な提案でした。新モデルではブロアをマットレスに組み込むことができたので,介護現場の限られたスペースでご使用いただくのに重要なポイントになりました。」(D氏)

その後,「SanAceブロア」を正式採用して発売された新製品は,R社の売上に大きく貢献。D氏は,山洋電気には今後も相談したいと話していました。

効果
  • ブロアを横向きに配置することで,マットレスへの組み込みを実現。
  • 高静圧な「San Aceブロア」で,密度の高いマットレスのムレ対策を実現。
banner_dl_fan_selection_1000x270
ファン
【ファンの基礎知識】7時間目
装置の通風抵抗
ファン
【ファンの基礎知識】6時間目
ファンの騒音と音圧レベル
ファン
【ファンの基礎知識】5時間目
ファンの電流
ファンの事例一覧