TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
山洋教室
ファンの基礎知識「11時間目」

ブロアの特徴

前回は遠心ファンを紹介しました。次にブロアについて説明します。

ブロアの構造

ブロアは構造的に遠心ファンに似ています。遠心ファンと同様に羽根車を回して,正面の開口部から風を吸い込み,横から風を吐き出します。大きく違うのは,アンモナイトのような形をしたケースで羽根車が覆われていて,そのケースの1ヵ所に吐き出し口があることです。羽根車が回転し,放射状に出た風がケース内側に沿って流れ,吐き出し口から吐き出されます。

▲図1:ブロアの構造
▲図1:ブロアの構造

ブロアの特性

▲図2:通風抵抗と風量-静圧特性例
▲図2:通風抵抗と風量-静圧特性例

ブロアはケース内側に沿って風が流れることによって,同等サイズの軸流ファンや遠心ファンより高い静圧を得ることができます。一方で,風量は少ない傾向となります。また,羽根車は遠心ファンより小さな羽根が多数付いており,これも高い静圧を得るための形状となっています。
ブロアのP-Q特性は図2に示すように,遠心ファンと同様で旋回失速領域は無く,P-Q特性の形も近い特性となります。消費電力は,軸流ファンや遠心ファンのように風量によって大きくなったり小さくなったりせず,風量が減って静圧が高くなるほど小さくなる傾向があります。そのため,ブロアは一般的に最大風量でもっとも消費電力が大きくなります。音圧レベルはP-Q特性の真ん中あたりで,もっとも静かになる傾向があります。

▲図2:通風抵抗と風量-静圧特性例
▲図2:通風抵抗と風量-静圧特性例

ブロアのかしこい使い方

ブロアはP-Q特性に旋回失速領域が無いので,通風抵抗との動作点位置についても制限が無く使用推奨範囲が広いです。音圧レベルはP-Q特性の中心あたりでもっとも静かになるため,装置の低騒音化にはこの付近で動作させることがポイントです。
ブロアはファンのなかで高い静圧を得やすいという特徴があります。そのため,部品が密集した通風抵抗が高い装置での使用に適しています。また,1ヵ所から空気が吐き出されるため,風を直接当てて局所的に冷却する用途にも適しています。

監修:山洋電気株式会社 クーリングシステム設計部

公開日:

ファンの基礎知識や活用事例・課題解決事例集

    
  • ファンの基礎知識(1-7時間目まとめ版)
  • デジタルサイネージ,業務用厨房機器,電源装置などへのファンの導入事例
  • ファンの低騒音化,防水性強化,長寿命化,防油性強化,信頼性強化,耐温性強化,高風量化,低振動化,保守工数削減などの課題解決事例
< 前の記事へ10時間目 遠心ファンの特徴
ファン
装置内部の風量を正確・簡単に測定したい
「風量の数値化」を実現する手段とは?
ファン
お客さまの電源事情によって必要となる仕様が異なり,ACファンでは機種の集約が困難
AC電源でDCファンの性能を実現した「ACDCファン」とは!?
ファン
高温化する装置内部。冷却性能だけでなく,騒音を大幅に抑えるファンが必要
「騒音半分以下,消費電力約40%減,期待寿命1.5倍増」を達成した冷却ファンとは?
メールマガジン登録