TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
山洋教室
ファンの基礎知識

6時間目 ファンの音圧レベル

静かな場所で使われる装置では,ファンの音が重要な選定ポイントの1つになります。ファンの音は装置内の部品配置などによって変わります。6時間目では,周囲に障害物がない環境におけるファンの音について説明します。

山洋教室「ファンの基礎知識」をダウンロードする >>

音圧レベルの測定値

ファンの音は音圧レベル「dB(A)」という単位で表示されます。(A)は,A特性の音圧レベルを示しています。A特性とは人間が聞こえる周波数を考慮して補正された値で, JIS規格で補正値が定められています。

音圧レベルの測定方法

音圧レベルは,無響室でファンの吸込面から1mの位置に配置した騒音計で測定しています。ファンを宙吊りにして,周囲にほとんど障害物がない状態で測定するため,測定値は「最大風量」時の音圧レベルになります。

音圧レベルの関係式

式1で“音圧レベルとファンの回転速度との関係”を表すことができ,式2では“音源が複数個存在する場合の合成音”を表すことができます。

式1 回転速度と音圧レベル 式2 複数音源と音圧レベル

最大風量を2倍にしたいときには,回転速度を上げる方法とファンを増設する方法の2つがあります。しかし,上述の計算式をみると,音圧レベルが大きく異なることが分かります。従って音圧レベルを低く抑えたいときには,ファンを2台にする方が有効と言えます。このように,装置設計の際にファン回転速度と台数を調整することも解決策の1つとして考えられます。

公開日:

< 前の記事へ5時間目 ファンの電流

山洋教室-ファンの基礎知識をダウンロード 資料の内容を確認する >>

ファン
発熱量が増大する5G通信機器 新たな冷却対策をどうする!?
ファン台数の削減と冷却性能アップを両立した「遠心ファン」とは
ファン
フィルタの密度が高い空気清浄機に最適なファンとは?
PWM機能付きのブロアと技術サポートで,十分な風量と低騒音を両立
ファン
通信機器の冷却・耐環境性能向上と騒音低減を両立するには?
IP68の防水・防塵性能を持つ高風量・高静圧ファンで効率よい冷却を実現