TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
山洋教室
ファンの基礎知識

10時間目 遠心ファンの特徴

10時間目では,軸流ファンとは見た目や特性,使い方が大きく異なる遠心ファンについて学んでいきましょう。

山洋教室「ファンの基礎知識」をダウンロードする >>

遠心ファンの構造

遠心ファンは中心部にモータを配置し,そのモータに羽根車が取り付けられており,軸流ファンのようなフレームがありません。
軸流ファンが吸い込んだ風をそのまま後方へ吐き出すのに対し,遠心ファンは吸い込んだ風を90°曲げた方向へ,羽根車が回転する遠心力により側面から放射状に風を吐き出します。基本的に遠心ファンを使うときは,風を効率よく取り込めるようインレットノズルを取り付けます。吸い込みの空間と吐き出しの空間とをしっかり分けることで風を効率よく取り込めるようになり,遠心ファンの能力を最大限に発揮させることができます。

▲図1:遠心ファンの構造
▲図1:遠心ファンの構造

▲図2:軸流ファンと風速分布の比較
▲図2:軸流ファンと風速分布の比較

遠心ファンの特性

▲図3:通風抵抗と風量-静圧特性例
▲図3:通風抵抗と風量-静圧特性例

遠心ファンの構造が軸流ファンとまったく異なるため,軸流ファンのP-Q特性のように,フラットになっている旋回失速領域がありません。そのため,遠心ファンのP-Q特性は直線に近い曲線になります。また,消費電力曲線と音圧レベル曲線は型番によって傾向が変わります。

▲図3:通風抵抗と風量-静圧特性例
▲図3:通風抵抗と風量-静圧特性例

遠心ファンのかしこい使い方

遠心ファンのP-Q特性に旋回失速領域がないので,通風抵抗との動作点位置についても軸流ファンに比べ,使用可能な動作点の範囲が広いです。遠心ファンの消費電力曲線と音圧レベル曲線は型番によって傾向が変わりますが,同じ動作点で使用する軸流ファンよりも音圧が下がったり,消費電力が低くなったりする場合もあります。
高静圧で風を強く吸い込める特徴から,大型装置内部全体の空気の入れ替えや熱交換器など,空気を大きく動かす用途に適しているファンと言えます。

公開日:

< 前の記事へ9時間目 二重反転ファンの特徴

山洋教室-ファンの基礎知識をダウンロード 資料の内容を確認する >>

ファン
フィルタの密度が高い空気清浄機に最適なファンとは?
PWM機能付きのブロアと技術サポートで,十分な風量と低騒音を両立
ファン
通信機器の冷却・耐環境性能向上と騒音低減を両立するには?
IP68の防水・防塵性能を持つ高風量・高静圧ファンで効率よい冷却を実現
ファン
スチームコンベクションオーブンの燃焼効率アップと小型・軽量化を実現したい
新モデル開発を実現した高風量・高静圧のブロアとは?