TECH COMPASS

現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
解決事例
スチームコンベクションオーブンの燃焼効率アップと小型・軽量化を実現したい

新モデル開発を実現した高風量・高静圧のブロアとは?

業務用調理機器メーカーD社(従業員数:100名)
課題
  • オーブンの燃焼効率アップをしたい。
  • ファンの置き換えにより,オーブンのさらなる小型・軽量化を図りたい。
効果
  • PWMコントロール機能により燃焼効率アップを実現。
  • 小型でも高い風量・静圧を確保。
  • 綿密なサポートで検証がスムーズ。
近年,外食産業向けに調理の火力調整や調理温度,さらには調理時間の管理が簡単にできる調理機器が多く開発され,調理の自動化が大きく進展しています。より安価に多くの料理を提供できることが求められるなか,小型で高火力,調理時間の短縮を実現する新しい調理器具とそのシステムの開発が,日本の豊かな食文化に貢献しています。

Problem
課題

スチームコンベクションオーブンの燃焼効率アップと小型・軽量化を実現したい

加熱調理機をメインに数多くの業務用調理機器を生産しているD社。同社では,競合他社がスチームコンベクションオーブンの新モデルを発売したことを受け,自社モデルとの比較調査を実施しました。その結果について技術部のE氏はこう語ります。
「将来,当社で主力となるオーブンの新モデル開発を見据えての調査だったのですが,残念なことに自社モデルでは燃焼効率が劣ることが判明したのです。そこで技術部では,競合他社に負けないオーブンを開発するために内部構造を見直し,新たな独自の構造を検討しなければならないと考えました。」(E氏)

D社は新モデル開発に向けて動き出しましたが,さっそく課題に直面しました。
「現行モデルの燃焼機構に使っているファンは特注品です。今回の件で従来から生産を委託していた協力会社に仕様変更を相談したところ,生産継続も難しいという回答がありました。これを機に,ファンの置き換えを検討することにしました。今回の開発で内部構造を見直すにあたり,小型化と軽量化も目標と設定しました。」(E氏)

Solution
解決策・効果

小型でも高い風量・静圧を確保

D社は新モデル開発に向け,ファンの選定をおこないましたが,なかなか条件に合うファンが見つかりませんでした。
そのようななか,E氏は展示会に参加した際に,山洋電気ブースに立ち寄り,担当者に課題を相談しました。山洋電気の担当者はE氏の課題を詳細にヒアリングしたうえで「San Aceブロア」を提案しました。

「現行のファンに劣らない性能を持ち,かつ小型化と軽量化が実現できるファンをいろいろ探してきました。しかし,山洋電気の担当者が提案していただいたブロア9BMタイプなら風量・静圧が高く,サイズもちょうどいいので,これなら小型化と軽量化も期待できると思いました。また,耐熱性などの課題もオーブンの内部構造を見直すことでクリアでき,樹脂ファンを搭載することができました。」(E氏)

綿密なサポートで検証作業もスムーズ。PWMコントロール機能により燃焼効率アップを実現!

D社はほどなく,山洋電気製「San Aceブロア」を組み込んだ試作品の製作をおこないました。当初の目標通り,燃焼効率アップを達成するとともに,オーブンの小型・軽量化も実現できました。
「提案していただいたブロアのPWMコントロール機能もポイントとなりました。これにより風量を調節することで燃焼効率アップが期待できました。実は今までDCファンを扱ったことがなかったので,PWM制御回路の知識が不足していましたが,何度も山洋電気に相談して,アドバイスをいただきながら,PWM制御回路の内製化に成功しました。」(E氏)

D社は社内検証の後に「San Aceブロア」の採用を決定しました。
「今回は思い切って内部構造の見直しをおこない,競合に対抗できるスチームコンベクションオーブンの開発を実現できました。山洋電気にはサンプル品の提案から技術サポートまで終始スピード感をもっておこなっていただき,感謝しています。今後は他の製品にも同型ブロアの搭載を進め,競争力のある製品を増やしていくつもりです。」(E氏)

ファン
スチームコンベクションオーブンの燃焼効率アップと小型・軽量化を実現したい
新モデル開発を実現した高風量・高静圧のブロアとは?
ファン
高速化するFA検査装置 熱対策が課題
高静圧の“防油ファン”で工場の過酷な環境下でも冷却性能を確保
ファン
医療用検査装置の小型化を実現したい!
冷却性能を確保しつつ,ファンの厚みを60%削減