TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
解決事例
画像診断装置の位置ズレ・騒音の原因が特定できない…

原因の特定から解決方法まで,新規参入をサポート!

医療機器メーカーA社 (従業員数:約50名)
HOME>解決事例>医療機器メーカーA社(従業員数:約50名)

Problem
課題・問題

医療分野では既存技術だけでなく新技術を取り入れた異分野の融合が進んでいます。これから伸びが期待される成長市場で,景気変動に左右されにくいという点からも,医療機器産業にはさまざまな業種からの参入が活発化しています。

画像診断装置の開発を始めるも,撮影画像にブレが発生

画像処理用ソフトウェアの開発をおこなうA社は,画像解析の技術を生かし,医療用画像診断装置の開発を開始しました。まずは他社の装置を参考にしながら試作機を完成させましたが,装置の評価をおこなうなかで,2つの課題に直面しました。

製品開発部のM氏は,この課題について次のように語ります。
「ハードウェアの開発は初めてなので,他社装置を参考して製作に取り掛かりましたが,何回も撮影を繰り返すうちに,撮影画像にブレが生じることがありました。原因を調査した結果,どうやら撮影機構部分に位置ズレが発生しているようでした。参考にした装置との仕組みは変わらないので,なにが原因でズレが発生してしまうのかが分かりませんでした。」

医療機器では避けるべき不快な騒音も発生。

さらに,騒音についても課題となっていました。
「他社装置にはない騒音が発生したのです。患者さんのそばで使用する装置なので,不快に感じる騒音が出るのは好ましくありません。しかし,開発の経験やノウハウも少ないなかで,騒音の原因を特定するのも難しく,困り果てていました。」(M氏)

M氏は撮影画像のブレや騒音の発生原因を特定するため,試作品の細部まで点検をおこないました。しかし,原因の特定には至らず,開発スケジュールは遅れる一方でした。

課題
  • 位置ズレが発生し,撮影画像にブレが生じる。
  • ノウハウ不足で騒音の原因も特定できない。
1 2
モータ・ドライバ
内製化・自動化による生産革新で「生産工数1/2」と「リードタイム1/4」を実現した生産技術部のチャレンジ
モータ・ドライバ
市販のロボットでは自社の製造ラインに最適化できない・・・
7軸多関節のロボット内製化を実現させた,モーションコントローラ「SANMOTION C」とは
モータ・ドライバ
急増する生化学分析で,検体分析装置の速度アップが必要
装置の高速化・低騒音化を実現させた業界トップのモータとは
メールマガジン登録