TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
解決事例
生化学自動分析装置の測定時間を短縮したい…

高速域でのトルクアップ約1.5倍を達成したステッピングモータのカスタマイズとは

生化学自動分析装置メーカーY社 (従業員数:約1,200名)
HOME>解決事例>生化学自動分析装置メーカーY社(従業員数:約1,200名)

Problem
課題・問題

患者獲得競争が激しい大病院や検査機関では,サービスの一環として迅速に検体検査の結果が得られることが要求されており,短時間で高精度に測定できる装置が求められています。

高速域でトルクが出るモータへ置き換えたところ,振動・発熱が問題に…

生化学自動分析装置メーカーY社では,測定のサイクルタイム短縮を目指し新モデルの開発に取り組むなか,モータ選定で課題を抱えていました。製品開発部のM氏は次のように語ります。

「病院や検査機関で使われる生化学自動分析装置では,検体の入った試験管に一定量の試薬を滴下します。そのため,内蔵するモータには,振動が少ない滑らかな動きが求められます。また,発熱により,検体への影響も問題になる可能性があるため,発熱も極力抑える必要があります。さらに,耳障りな音が発生してはなりません。

当社で開発中の新モデルでは,そのような要件を踏まえつつ,さらなる検査速度の向上を目指していました。しかし,より高速域でトルクが出る2相ステッピングモータに置き換えたところ,振動が発生し試薬滴下の正確性に影響が出てしまいました。そのうえ,騒音も大きくなってしまったのです。」(M氏)

M氏はこの結果をモータメーカーに伝えて,ほかのモータの提案を求めましたが,ラインアップに適したモータはありませんでした。
モータから選定し直さなければならず,M氏は頭を抱えていました。

課題
  • 生化学自動分析装置の測定時間を短縮したい。
  • 高速回転でも振動・発熱を抑えられるモータが見つからない。
1 2
モータ・ドライバ
内製化・自動化による生産革新で「生産工数1/2」と「リードタイム1/4」を実現した生産技術部のチャレンジ
モータ・ドライバ
市販のロボットでは自社の製造ラインに最適化できない・・・
7軸多関節のロボット内製化を実現させた,モーションコントローラ「SANMOTION C」とは
モータ・ドライバ
急増する生化学分析で,検体分析装置の速度アップが必要
装置の高速化・低騒音化を実現させた業界トップのモータとは
メールマガジン登録