TECH COMPASS
山洋電気株式会社の製品・技術情報サイト
解決事例
UPSのバッテリー交換のコストと手間を削減

リチウムイオンバッテリ搭載で装置期待寿命10年を実現!

地方銀行 Q銀行(従業員数:約2,000名)
  • ホーム
  • 解決事例
  • UPSのバッテリー交換のコストと手間を削減!リチウムイオン電池で期待寿命10年を実現した事例
課題
  • 定期的なバッテリ交換が必要で,メンテナンスにかかる手間が現場の負担に。
  • 交換用バッテリパックの追加購入コストが負担に。
  • メーカーのサポートも十分ではなく他社へのリプレイスを検討。
効果
  • リチウムイオンバッテリ搭載でバッテリ交換不要となり,メンテナンスフリーを実現。
  • バッテリ交換コストが不要に。
  • 10年間ATMの電源を安定して供給。

全国銀行協会の調査によると,地方銀行・第二地方銀行の利用者の多くは,ATMが身近に多数ある点や地域社会への貢献を評価しています。ATMは市民生活を支える重要なライフラインの一つであり,設置者にはいつでも安心して現金を引き出せる環境の提供が求められています。

Problem
課題

UPSのバッテリメンテナンスに課題あり・・・メーカーのサポートも十分ではなくリプレイスを検討

Q銀行は,関西を地盤とする地方銀行です。同行は災害などによる停電対策として,ATMのバックアップ用にUPS(無停電電源装置)を各支店に設置しています。このほどいくつかの支店において,寿命が近づいたUPSのメンテナンス作業をおこなっていましたが,このUPSに関しては,以前より現場から不満の声が挙がっていたと言います。管理担当部門のEマネージャーは以下のように説明します。
「使用されている鉛バッテリは数年ごとに交換が必要で,そのたびにメンテナンスの手間がかかりましたが,メーカー側の対応はあまりよくありませんでした。また,交換用バッテリパックの購入費用についても問題視されていました。」
Q銀行には数百カ所の支店があり,停電対策はエリアごとの担当部門が独自におこなっています。E氏が所属する部署も,担当エリア数十店舗のUPSについて,運用や機種選定をおこなっています。
「ATMは地域のお客さまのライフラインの一つであり,不測の事態への対応は欠かせません。バッテリの品質を維持するためにはメーカーのサポートが重要ですが十分とはいえず,他社製品へのリプレイスを検討していました。」(E氏)

Solution
解決策・効果

リチウムイオンバッテリ搭載でバッテリ交換不要に,追加コストもなし

E氏はUPSの課題を付き合いのある代理店に相談し,山洋電気を紹介されました。
「山洋電気のUPSは,すでに当行の複数の支店が導入していました。サポート面に対する満足度が高いとのことだったので,早速コンタクトを取ってもらいました。」(E氏)
E氏のもとを訪れた山洋電気の担当者は,メンテナンスやメーカーのサポートに関する課題を細かく聞き取ったうえで,リチウムイオンバッテリ搭載の常時インバータ給電方式UPS「SANUPS A11K-Li」を提案しました。
「リチウムイオンバッテリタイプなのでバッテリ交換の必要がなく※1,メンテナンスの手間が省けると説明を受けました。従来の鉛バッテリに比べ初期費用はかかりますが,後々発生するバッテリパックの購入や交換作業などの追加費用がなく,十分に導入メリットがあると判断できました。」(E氏)

※1 鉛バッテリは5年ごとにバッテリ交換が必要なのに対し,リチウムイオンバッテリの場合,装置期待寿命の10年間バッテリ交換不要。

メンテナンスフリーで品質も安心,「導入店舗拡大を決定」

E氏は導入可否の参考にするため,すでに山洋電気のUPSを導入している他エリアの担当者に直接意見を聞いてみました。
「担当者から話をきくと,導入してから10年間 ATMの電源の安定供給が実現されており,1年毎の定期点検等サポート※2も充実しているため安心感を得られているということでした。この意見は採用決定の大きな後押しになりました。」(E氏)
程なくして,Q銀行は3支店のUPSについて,山洋電気製UPS「SANUPS A11K-Li」へのリプレイスを決定しました。
「広い入力電圧範囲※3を持つ高い性能や,メンテナンス負荷低減などのメリットを総合的に判断しました。バッテリ容量は火災予防条例で規定している4800Ahセル未満だったため,申請が不要だったことも,現場から歓迎されました。」(E氏)

それから2年が経過した現在,当初の期待どおりUPSは問題なく稼働を続けています。E氏は追加で,エリア内11店舗への導入を決定したほか,さらに6店舗での設置を検討しており,今後も導入店舗を広げていく予定です。
「バッテリ交換が不要になったことにより,メンテナンスの手間とコスト負担が軽減され,現場からは高い評価を得ています。充実したサポートを得られるようになったことにも,大変満足しています。」(E氏)

※2 オンサイト保守サービス…SANUPSの機能を常に最善の状態で維持するために,お客さまのご要望にあわせたさまざまなオンサイト保守サービスをご用意しています。詳細はお問い合わせください。
※3 負荷率が70%未満の場合,定格電圧-40~+20% ,負荷率70%以上の場合,定格電圧-20~+20%

公開日:

UPS・パワコン
UPSの疑問を解決
無停電電源装置(UPS)とは?発電機との違い、活用目的、用途、製品一覧を解説
UPS・パワコン
停電の基礎知識と対策
山洋電気のUPS(無停電電源装置)製品一覧
UPS・パワコン
停電の基礎知識と対策「8時間目」
瞬低補償装置(瞬時電圧低下補償装置)とUPSの違い
UPS・パワコンの事例一覧