TECH COMPASS
現場課題を,解決へと導く技術が見つかる
解決事例
毎年発生する停電による製造ライン停止。対策は待ったなし!

導入コストと設置スペースの問題を解決したUPSとは?

食品メーカーA社(従業員数:約400名)
課題
  • 製造ラインの停電対策にUPSを導入したい。
  • 突入電流があるため,常時インバータ給電方式を選択すると,大きな容量のUPSになってしまう。
  • 常時インバータ給電方式50kVAを導入すると,高額かつ大型で設置が困難。
効果
  • 過負荷耐量が強く,突入電流のある設備にパラレルプロセッシング方式UPSを導入。
  • 常時インバータ給電方式に比べ,安価でサイズも小型に。
  • 製造ライン停止による納期遅れとフードロスの回避。

近年,災害による停電被害が起きるなか,製造ラインの稼働を安定させるため,多くの工場がUPSの導入に踏み切っています。特に食品工場ではラインが停止するたびに食材の大量破棄が生じ,それにともなう納期遅れも回避しなければならないため,対策は待ったなしです。しかし,導入コストや設置スペースなどの問題で導入を躊躇するケースも多いようです。

Problem
課題

停電対策のためUPS導入を検討するが,コストと設置スペースの問題が…

パンや菓子の製造販売を手掛けるA社。同社では数年前に停電が相次いだ際,予期せぬトラブルに巻き込まれました。製造部門のDマネージャーはこう説明します。
「ここ数年,工場で停電が何度も発生し,その都度,食材を焼成する製造ラインが停止したため,莫大な損失が出ていました。焼成機のなかのコンベアが止まって,炉の中の食材すべてが焼損したため,食材を廃棄しフードロスもかなりの量になりました。停電が発生するたびにフードロスだけでなく,生産遅延が生じ,納期遅れにつながることもあります。また清掃,点検などラインの復旧作業に大きな工数がかかります。さらに,焼成機にはセーフティ機能があるとはいえ火災の危険性もありました。」(D氏)
近年は災害級の台風が多いため,年に1~2度は停電トラブルがあると予測したD氏は,対策として無停電電源装置(UPS)の導入を検討しました。
「最初に常時インバータ方式のUPSで検討を始めました。しかし,突入電流を考慮しなければならず,装置容量に比べ,想定していたよりも大きな容量のUPSを導入する必要があることが分かりました。そうすると50kVAモデルとなり,高額なうえに設置スペースの確保も難しいため,断念していました。」(D氏)
ところがその後も停電で損失が発生。D氏は早急に対策を打つ必要に迫られていました。

常時インバータ方式とは

常時インバータ給電方式-通常時

常時インバータ給電方式-停電時

Solution
解決策・効果

常時インバータ給電方式に比べ,安価で装置サイズも小さいパラレルプロセッシング方式UPSを提案

焼成機の停電時バックアップについて解決策を探していたD氏は,とある生産設備の展示会で山洋電気ブースに立ち寄り,課題を相談しました。D氏から工場の課題をヒアリングした山洋電気の営業担当者は,パラレルプロセッシング方式の無停電電源装置「SANUPS E23A」を提案しました。
「山洋電気の担当者によると,パラレルプロセッシング方式のUPSは過負荷耐量が強く,突入電流に十分耐えられるため,突入電流のあるコンプレッサーやモータなどの設備にも十分対応できるとのことでした。さらに,突入電流にUPSの定格出力容量を合わせる必要がないことからUPSの容量を抑えることができます。また,当初想定した定格出力容量を抑えることで設置スペースの削減,価格も安価で導入することができると説明を受けました。」(D氏)
提案に強く興味を持ったD氏は,エンジニアからさらに詳しく話を聞くことにしました。

パラレルプロセッシング給電方式とは

パラレルプロセッシング給電方式-通常時

パラレルプロセッシング給電方式-停電時

パラレルプロセッシング方式のUPSを導入し,課題を解決!

「通常,UPS の過負荷耐量は,定格電圧の1.25倍~1.5倍程度ですが,提案してもらった『SANUPS E23A』は8倍までの過負荷を500msecの間保持できるということでした。そのため,最初に導入を検討していた常時インバータ給電方式UPSが50kVAだったのに対し,パラレルプロセッシング方式のUPSでは20kVAで対応できます。装置のサイズも半分ぐらいになり,加えて価格も安いので,これならなんとか導入できると期待が持てました。」(D氏)
自社に戻ったD氏は再び上層部にUPS導入を申請。ほどなくA社は山洋電気の無停電電源装置「SANUPS E23A」の正式採用を決定しました。
「被害が発生する前にUPSを導入でき,納期遅れやフードロスの心配がなく,安心しています。また生産を再開するための作業工数にリソースを割かれていたので,それもなくなり,大変満足しています。山洋電気の提案には本当に感謝しています。」(D氏)

公開日:

停電の基礎知識やUPSの活用事例・課題解決事例集

    
  • 「停電の基礎知識と対策」まとめ版
  • UPSなどの電源装置による停電対策,瞬低・瞬停対策,BCP対策,メンテナンス工数削減,災害対策などに関する課題解決資料
  • UPSの屋外利用,工場設備利用,食品工場での利用などに関する導入事例資料
UPS・パワコン
毎年発生する停電による製造ライン停止。対策は待ったなし!
導入コストと設置スペースの問題を解決したUPSとは?
UPS・パワコン
UPSがあるのに制御機器のデータが消失!?
「リチウムイオン電池搭載モデル」のUPSで,原因不明の異常を解決!
UPS・パワコン
海外調達にかかる工数やコストの負担を削減!
CE適合した日本製の一台二役の瞬低対策装置とは?
UPS・パワコンの事例一覧